• English
  • サイトマップ

商船設計

ソフトウェア開発

CFDや船型開発のためのソフトウェアツールなど多くのソフトウェアの開発実績があります。

AutoDes/HullDes

海上技術安全研究所との共同研究により開発したCFDを用いた船型設計を支援するためのソフトウェアです。主な機能としては、3次元の船体形状(NURBS)を読み込み(NAPAからのigesデータにも対応)、パラメータ変形などによる船型設計、その3次元データからのCFD格子用インプットデータの作成、HullGによるグリッド作成、そしてSurfやNeptuneによるCFD計算実行までを実行することができます。また、AutoDesでは、HullDesの機能に加え、複数の船体形状変形からCFDによる計算までの自動化が可能であり、新たに開発された離散型SQP法による形状の最適化も可能になりました。GTOOLによる付加物周りの重合格子生成機能も加わりました。

詳細を見る

  • 図: HullDes

ParaFlow

パラシュート周りの流れをCFDを用いて計算し、流体力学的性能を評価することができます。また、求めた流れによるパラシュートにかかる圧力を入力として、パラシュートのFEM計算を行い、その変形及びストレスを求めることもできる設計ツールです。

詳細を見る

  • 図: ParaFlow

WisdamX

東京大学で開発された波浪中船体運動を取り扱う3次元非圧縮ナビエ・ストークス方程式ソルバーです。これにGUI(Graphical User Interface)の装備、コードのチューニングを行い、使用の簡易化、コードの安定性向上を図ったものです。

詳細を見る

  • 図: WisdamX
  • ホーム
  • セーリングボート設計
  • 商船設計
  • ACTについて
  • 活動情報
  • お問い合わせ
project
Sailing-6
Sailing-7
Sailing-1
Sailing-2

商船設計 実績