• English
  • サイトマップ

商船設計

実績

最近のCFDによる船型開発や船舶関連プロジェクトの実績。

SRDを搭載したシングルスカルの非定常運動解析

ローイングボートは1ストローク中の漕ぎ手の運動、すなわちキャッチからフィニッシュまでのドライブとリカバリーの運動により、ヒーブとピッチ姿勢変化を伴うサージ運動を行います。このため、非定常な運動を 周期的に繰り返すため、その性能を明らかにするためには、定常的な性能解析だけでは不十分な面があります。ここでは、(株)シマノがローイングボート用に開発したストレッチャーSRD(Shimano Rowing Dynamics) による性能向上のメカニズムを明らかにするため、CFDによる非定常運動解析を可能にしました。 SRDはオールの力を効率的に推進力に変換するという新しいストレッチャーで、これを使用すると 1ストロークの姿勢変化が従来のストレッチャーと比べ変化するということに着目し、実艇で計測された姿勢変化通りの非定常運動を CFDシミュレーションで再現させ、1ストロークでの抵抗変化を比較するという評価方法です。この結果、SRDの平均抵抗は小さく、1ストロークの仕事量が小さいことが明らかになりました。

シマノ

  • ホーム
  • セーリングボート設計
  • 商船設計
  • ACTについて
  • 活動情報
  • お問い合わせ
project
Sailing-6
Sailing-7
Sailing-1
Sailing-2

商船設計 実績